回線速度測定のラピッドネット スマホ、PCに対応したスピードテストがすぐにできます


ISPについて

ISP(インターネットサービスプロバイダ)に関する説明です。質の高いプロバイダを選択することで回線速度は劇的に向上します。
このページではISPに関する基礎知識をまとめていきます。

自宅からISPまでの回線選び

一昔前は、「ダイアルアップ接続」のような低速の接続方法も多く利用されてきましたが、現在はインフラが整備されてきているので、より高速な「ブロードバンド接続」が主流になっています。

ブロードバンド接続にも「FTTH(光ファイバー)」や「CATV(ケーブルテレビ)」など数種類があり、日本国内で一般向け最速の回線速度を提供しているのは"FTTH(光ファイバー)"によるサービスです。ここまでは、"なんとなく"知っていたという人も多いのではないでしょうか。

さて、ここからが本題です。実はFTTH(光ファイバー)による接続サービスにも種類があり、それによって同じ"ひかり"でも速度が10倍も違ってくるということはご存知でしょうか。
もし、既に自宅で光ファイバー契約をしている方がいらっしゃいましたら、壁から出ているケーブルと端末を確認してみてください。
固くて曲げにくいケーブルで、接続部の形が電話線やLANケーブルとは異なる特殊なものが壁から出ているとしたら、おめでとうございます!「当たり」と言えるでしょう。それは最高速のFTTH(光ファイバー)です。

一方、電話線と同じケーブルあるいはLANケーブルのようなものが出ているとしたら、残念!それは「はずれ」です。
それではそれぞれの違いを解説していきます。
まず「当たり」の方は、自宅の中まで光ファイバーが引き込まれているタイプです。最速は1Gbps(=1000Mbps)で、次点で200Mbpsの回線となっており、自宅内の配線を1Gbps規格のLANケーブルやルーターで接続していれば、その速度をフルに活用できる最高の環境になっています。

ところが「はずれ」の方は、光ファイバーは家の近くあるいは建物まではきているけれど、そこから自宅内まではLANケーブル等で接続されているタイプです。このタイプでは最高でも100Mbpsの回線となっており、集合住宅で特にひどいケースでは、その回線を他のお宅と共有して利用していたりします。

当然、同時に利用しているお宅が大量の通信を行うと速度が落ちますし、自宅内の配線を1Gbps規格のLANケーブルやルーターで揃えても、その10分の1以下の速度しか出ません。実に勿体ないですね。

では、最速1Gbps(=1000Mbps)のFTTH接続を利用するためにはどうすれば良いかというと、「フレッツ光ネクスト」というサービスに申し込めば良いのです。たったそれだけで、日本国内最速の回線速度を手にすることが可能です!

携帯端末からISPまでの回線選び

携帯電話、スマートフォン、タブレット端末といったポータブルの携帯端末からは、無線で(電波を使って)通信を行います。そのため"高速通信を行える周波数の電波"="高速回線"と言えます。最近話題となっている「LTE」は、従来の3G回線よりも高速通信を行える周波数の電波を利用した次世代型の通信規格です。

ではこれが現在の最速なのでしょうか?
実は、もっと高速に通信する方法があります。それは「無線LANルーター」を使った通信です。「Wi-Fi」という言葉を見聞きしたことのある方は多いかと思いますが、Wi-Fiは、無線LANのなかでも認証を受けた安心の通信規格です。(最近の携帯端末や無線LANルーターは殆ど「Wi-Fi」の認証を受けていますので、以後Wi-Fiと表現することにします。)

スマートフォンやipadなどのタブレット端末の高性能化に伴い、最近は自宅にいてもPCをつけるよりもスマートフォンやタブレット端末を利用することが多くなりました。私自身、在宅時のちょっとした調べものにはipadを利用しています。
このときLTEを使うよりも自宅内のWi-Fiを使う方がより高速に通信することが可能になるのです。

現在LTEの最速は、下りで100Mbpsとされています。一方Wi-Fiはというと、業界最速と言われるバッファローのルーターで600Mbpsとされています。ipad側の規格の問題があるためさすがに600Mbpsでの通信はできませんが、それでもipadの規格限界の最速で通信することが可能です。(ボトルネックが通信速度ではなく、ipad等の端末側のスペックになるわけです)。
しかも不特定多数の人がアクセスするアンテナと違い、宅内のWi-Fiは自分で独り占めできるわけですから、時間帯や環境に左右されることなく最速の通信が可能になります。また、通信量の制限などもなく、どれだけ使っても無料で利用できます。こうした環境の構築は、「Wi-Fiが使えるブロードバンドルーター」を1つ購入し、自宅に設置するだけです。

手持ちの端末を何台でも接続できますし、家族全員が共有できます。また面倒な設定も必要なく、外ではLTE、自宅のWi-Fiエリア内に入ると、スマートフォンやipad等の端末側で自動で電波を検知してWi-Fi回線に切り替えてくれるので、一度設定してしまえば意識することなく高速回線を利用できるのです。せっかく自宅の回線をFTTHにして高速化するのなら、これを利用しないのは非常に勿体ないですね。

ちなみに、屋外でもWi-Fiを利用する方法はあります。最近「Wi-Fiスポット」というステッカーを張ったお店などが増えてきました。そうしたお店の範囲内では、お店で用意されたWi-Fi対応のブロードバンドルーターを通じて高速通信が可能です。携帯電話会社が用意しているもののほかにも、ISP(詳しくは後述)が用意しているWi-Fiスポットもあります。ISPを選ぶ際の一つのポイントにすると良いでしょう。

ISP自体の選び方は?

さて、ここまでで"回線"の選び方はわかりました。最後に、ISPの選び方について見ていきましょう。
ISPとはいったい何か。一言で言うと、"インターネット"という世界への入り口を管理する「門番」です。我々はこの門番に通行料を払ってインターネットの世界への通行を許可してもらっています。ところがこの門番、頑固で厳しい者もいれば、入り口に座ってあくびをしているだけの"ゆる~い"者もいます。通信速度を早くしたいのなら、ゆる~い門番のいるゲートを通りましょう。すなわち、規制の少ないISPを選べば良いのです。