回線速度測定のラピッドネット スマホ、PCに対応したスピードテストがすぐにできます


ISPについて

ISP(インターネットサービスプロバイダ)に関する説明です。質の高いプロバイダを選択することで回線速度は劇的に向上します。
このページではISPに関する基礎知識をまとめていきます。

自宅からISPまでの回線選び

一昔前は、「ダイアルアップ接続」のような低速の接続方法も多く利用されてきましたが、現在はインフラが整備されてきているので、より高速な「ブロードバンド接続」が主流になっています。

ブロードバンド接続にも「FTTH(光ファイバー)」や「CATV(ケーブルテレビ)」など数種類があり、日本国内で一般向け最速の回線速度を提供しているのは"FTTH(光ファイバー)"によるサービスです。ここまでは、"なんとなく"知っていたという人も多いのではないでしょうか。

さて、ここからが本題です。実はFTTH(光ファイバー)による接続サービスにも種類があり、それによって同じ"ひかり"でも速度が10倍も違ってくるということはご存知でしょうか。
もし、既に自宅で光ファイバー契約をしている方がいらっしゃいましたら、壁から出ているケーブルと端末を確認してみてください。
固くて曲げにくいケーブルで、接続部の形が電話線やLANケーブルとは異なる特殊なものが壁から出ているとしたら、おめでとうございます!「当たり」と言えるでしょう。それは最高速のFTTH(光ファイバー)です。

一方、電話線と同じケーブルあるいはLANケーブルのようなものが出ているとしたら、残念!それは「はずれ」です。
それではそれぞれの違いを解説していきます。
まず「当たり」の方は、自宅の中まで光ファイバーが引き込まれているタイプです。最速は1Gbps(=1000Mbps)で、次点で200Mbpsの回線となっており、自宅内の配線を1Gbps規格のLANケーブルやルーターで接続していれば、その速度をフルに活用できる最高の環境になっています。

ところが「はずれ」の方は、光ファイバーは家の近くあるいは建物まではきているけれど、そこから自宅内まではLANケーブル等で接続されているタイプです。このタイプでは最高でも100Mbpsの回線となっており、集合住宅で特にひどいケースでは、その回線を他のお宅と共有して利用していたりします。

当然、同時に利用しているお宅が大量の通信を行うと速度が落ちますし、自宅内の配線を1Gbps規格のLANケーブルやルーターで揃えても、その10分の1以下の速度しか出ません。実に勿体ないですね。

では、最速1Gbps(=1000Mbps)のFTTH接続を利用するためにはどうすれば良いかというと、「フレッツ光ネクスト」というサービスに申し込めば良いのです。たったそれだけで、日本国内最速の回線速度を手にすることが可能です!

携帯端末からISPまでの回線選び