回線速度測定のラピッドネット スマホ、PCに対応したスピードテストがすぐにできます


回線速度を早くするには

まず、回線速度とは「すべての区間の通信速度のうち、もっとも遅い速度」を指します。
これは、砂時計を想像すると簡単にわかります。中心のくびれた部分の太さによって砂の落ちる速度が制限されているので、くびれの前後の部分の太さにかかわらず、砂がすべて落ちるまでにかかる時間は一定になりますね。回線も同様で、このくびれている場所(通り抜けるのに一番時間を要する場所)で速度が決まります。

このルールを基に、回線速度を早くするためには「通り道の制限速度が緩く(高速で)混雑していないルートを使ってアクセスすれば良いことがわかります。
しかし、このルートの殆どはすでに最適化されてしまっているので、我々ユーザーに選択の余地はありません。ルーティング(ルートを決める事)はすべて経由するサーバーやルーターが制御していて、計算されるもっとも合理的で早い経路が選択されるようになっています。(比較的なじみ深い家庭用のブロードバンドルーターも、家の中の回線を割り振りしています)

では、我々ユーザーができる回線速度向上の対策は何でしょうか。
それは、生活道路と例えた部分の回線、すなわち自宅のPCや手持ちの携帯端末からISPまでの回線速度を向上させる事です。

ISPについてはこちらのページで詳しく説明をしていますので、ご参照ください。